腸内洗浄/エステティック

エステティック<腸内洗浄

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

腸内清掃の目的

浣腸は主に以下のような目的で行われる

便やガスの排泄促進(催下浣腸、排便浣腸、駆風浣腸、排気浣腸)

大腸内の洗浄(洗腸)

X線検査などのための造影剤の注入(バリウム浣腸)

腸重積、腸捻転の治療(整腹浣腸)

大腸を経由した薬剤の投与(鎮静浣腸、保留浣腸、点滴浣腸)

食事が困難な患者に対する水分・栄養補給(滋養浣腸)

現在、主な目的は 1. 2. 3. 4. であり、5. 6. は後述の理由により行われることはまれである。 また、一般に浣腸といった場合は、1. 2. を目的とすることがほとんどである。 しかしながら近年、 1. 2. の目的では下剤を用いる場合が多くなっており、浣腸が使われる場面は減っている。 これはどちらの目的であっても、下剤は浣腸を完全に置き換えるものではない。 下剤が適している症例、浣腸が適している症例それぞれがあり、薬剤技術の向上により下剤を用いた方が容易で安全に処置できる症例が増えてきた結果である。 浣腸と下剤の両方が処方可能である場合において、浣腸を嫌う患者が多い、また、施術者にとっても汚れ仕事で患者に嫌われる行為であるにもかかわらず保険診療点数が低い、などの理由で下剤が選択される傾向が高いというのも大きな理由の一つである。

1. がもっとも広く行われる浣腸である。薬剤として主にグリセリン希釈液を用いて排泄を促進させ、便秘治療、大腸内検査、手術の前処置などとして行われる。

2. は内視鏡や造影剤を使った検査の前処置として下剤と併用して行われる。また食中毒などの際、腸内の細菌、毒素を洗い流す目的でもおこなわれる。医学的根拠はないが、排便反射機能回復訓練、美容・健康増進などの目的としても行われる。

3. は治療を目的としたものではなく、検査のためバリウムなどの造影剤を注入し、腸をふくらませる。

4. はその他の浣腸とは異なり、物理的な圧力による外科的治療法である。バリウムや空気を注入する事により行われる。この治療法が適用できるのは比較的軽度かつ、発症後数時間程度の間のみである。一定時間以上経過すると腸が壊死を起こすためこの治療法は危険になる。比較的重度、頻繁に再発する場合などは開腹手術が必要となる。

5. は液体を用いる浣腸で行うとすぐに排泄が起こり効果が薄いため、 特別な理由のない限り坐薬を用いる手法の方が一般的である。 乳児の麻酔などで一部利用される。

6. は冒頭でも述べられるとおり、医療的に大きな効果が期待できないこと、点滴等のより効果的な手法があることなどから、ほとんど行われていない。

出産前に行われる浣腸は、大腸内の便を排出させることで出産中のいきみによって排便が起き胎児などが汚れるのを防ぐと同時に、陣痛を促進させる目的もある。 出産前の浣腸は慣例的に行われているだけでなく医学的にも正当な理由があるのだが、排泄行為に対する禁忌や羞恥などから患者に嫌われる医療行為である。 一方で、本来出産は病気とは異なり、生命活動の一環であるにもかかわらず、病気と同じように医療行為がなされることはおかしいという意見もあり、出産前の浣腸を必須とするマニュアルが訂正される傾向がある。

このように、浣腸は様々な目的で行われるが、 一般に浣腸といった場合、前述の通り1. 2.を目的としたものが主である。 よって以下の説明も、1. 2.を主体とした物になる。

中古パソコン